Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

まあせっかくなので

龍獅さん作のらきすたのコピ本(※正確に言えば、エリワー&らきすた)を頂いたし、話をあわせられるレベルにはしようかな。と思い

ああ・・・話し急に変わりますけど、現在全部で五巻とかとんでもない値段ですヨネorz

とまあ、上記の通り五巻購入。

まーそれはそうとて第一巻を一応読みましたので私なりの評価を出そうかな。


結論から言えば → 可も無く不可も無く




まず始めに、本の方を読むまでに抱いていた私のらきすたの評価ですが、流れとしては

大っ嫌いなハルヒのアニメ化→担当が京アニ→ハルヒ終了後。らきすた製作→「エー…ハルヒのアニメ作ったとこが出したアニメの原作カヨ・・・どうせこっちも(云々云々以下略)」(←これが本を読む前に私の持っていたらきすたの評価)

とまあ、MADやOP程度にはアニメらきすたを知ってはいましたが、実際興味など微塵も出なかったのであります
メッセでも、らきすたの話題とかされた時、実を言えば相当話を続けるのに苦労していたのはここで告白しておきましょう。

とまあ、ここまでが一応一巻を読む前までのらきすたに対する評価です。

話はちょっと変わりますが、前にどこかで「面白いということは世間が決めること。売れている・人気があるものは面白いから売れる。しかし、それが好きか嫌いかを決めるのは個人個人の自由に決めるものだ」と言ったと思います。
だから、らきすたは売れてるんだから面白いんだろうし、ハルヒも売れてるんだから面白いんでしょう。だからといって、ハルヒは嫌いですけど

まあ、ハルヒ≒京アニ≒らきすた みたいなイメージを持っていたので、上に書いたように好きになれるイメージを持ち辛かったワケです。
まあでも、ハルヒの作者とらきすたの作者・・・美水氏は別人。無関係であるわけで、らきすた単品を嫌いだと否定するほど考え無しに好き嫌いを分別しているワケでは無いので、きっかけも頂きましたし買ってみるかという流れになりました

余談ですが、手を出し辛かった理由として「ミーハーだと思われたくない」というのもありましたね。どうでもいいですね、はい

とまあwここまで思いっきり自分の事を書いているワケでww
以下が一巻を読んだ評価になります

まず、序盤からだんだんを絵柄が変わるのは据え置き(←使い方違)。その辺り気にするほどのレベルではない
まーまず絵柄からそうですが“可愛い”の分類。
上で先に述べた評価“可も無く不可も無く”。言うなれば特にハズレと言うわけでは無いが大当たりであったというワケでもない。という事。
まー、私自身の評価だから、私の当然と人の考える当然はまた変わってくるワケで(※だからと言って“常識”からズレてるという意味とは違いますよ)、この評価自体が絶対正しいんだと断言出来無いことも前提に置いておきます
それにまだ一巻しか読んでないので、2~5の間で盛り上がるのかも知れませんしね

まず、空気・雰囲気はどちらかと言えばまんがタイムきらら(無印)・Calat辺りの方じゃね?
とも思いますが、まあ角川さんを敵に回すと怖いと思うので(←マテ)、コンプで続けるのが無難でしょう。      そもそもコンプ手に取ったこと無いですg(待

まー連載開始としては“ふおんコネクト”の方が後になるんでしょうかね。雰囲気が一番近いのはこの漫画じゃないかな。と
どうしても先に読んだのがふおんコネクトなので、私主観ですとらきすたがふおんコネクトの雰囲気に似てるかな?という風に考えますが
あー。だからと言って向こうはもう少し激しさがあるか。こっちはマッタリという感じですけど

ただ、私自身がらきすたに対して周りが大々的に高評価していた事から期待していたのですが、それ程の面白さを誇っているとは感じませんでした。キャラ付けが結構特徴的である事は頷けますケドね
私的には、原作の面白さが過大評価されすぎて、その期待される格差によってむしろ「この程度だったのか」程度に感じてしまいます。言うなれば謙譲語とか尊敬語とかで相手の立場を上にしたり自分の立場を下にしたりするのに似ているかな?例え話としては微妙な選択ですけど
ただ、だからといってツマラナイと言いたいワケでは有りません。万一、らきすたという漫画の周りの評価もその内容自体も全く知らない人が、このらきすたを読んだらどうか。そういった他の視点からちょっと考えてみると、やはり下せる評価は“可もなく不可もなく”になるんじゃないかな。と思うのですよ。ただその上にちょっとウケの言い絵の描き方をなされているので、属性持ちの人には少なくとも不快感を与えない。というオプション付きですけどね

とまあ、話が右に行ったり左に行ったりしましたが、私のらきすたの考えがこうなりました。という話でした。

意味?ブログにそんなもの求めちゃいけねぇよダンナ(・ω・`)

ちょww久々に超長い文章www
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

神無月カイ

Author:神無月カイ

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。